« おしりの危機! DIの暴発か?? と向島百花園 | トップページ | ランナウェイ 人はなぜ悪人にひかれるのか。 »

2011年12月18日 (日)

サヘル・ローズさんの壮絶だった体験

 おかげさまで、DI危機も回避できました。さて、一週間があっというまに過ぎてしまったので、備忘録的に..

 サヘル・ローズさんの講演会に参加する。彼女は滝川クリサヘルとしてテレビ出演して、最近ではレギュラーを何本かもつようになっている。

 Imagescapkzr1zイラン・イラク戦争で4歳で孤児となり、孤児院で暮らす。8歳で養母に引きとられるが、身分の高い実家に反対され、養母の日本在住のイラン人婚約者を頼って、来日する。しかし、そこでは虐待に会い、母と家を出て10日間も公園で寝泊りをする。見かねた学校の給食のおばさんの家に世話になり、やかで母は就職してアパート暮らしをするが、極端な貧乏生活をおくり、学校では陰湿ないじめにあう............ 

 現在はメディアで活躍しているサヘルさんだが、彼女と母親の歴史は壮絶で感動的であった。講演の冒頭で彼女は、色々講演しているけど、講演後に、あなたは大変だった苦労したと自慢したいのかというような声がもあるけど、けっして不幸を自慢したのではなくて、日本にいては想像できないが世界では貧しく、食べることができない人が沢山いることを理解してほしい。そして、食べ物がある、屋根がついた家があることの有り難さに気づいてほしくて、講演をしているとの趣旨を話した。 

 彼女は「戦場から女優へ(文藝春秋)」という本を出しているが、その本には触れていない養母のエピソードを話した。イランでは養子をもらうのには、様々な条件があるが、子どもを生めない女性でなければならないらしく、若くて未婚で健康あった養母は、手術してメスを入れて、こどもを産めない身体にしたらしい。

 なせ、そこまでして、サヘルさんを自分のこどもにしたかったのか? 高貴な身分で苦労のなかった養母が、日本でホームレス生活、殆ど食べられない赤貧生活、トイレ掃除などの肉体労働に耐えることができたのか?

 さすがに、サヘルさんが中学生のときは生活に耐えられなくなり、二人で心中しようとしたらしいが、最後にサヘルさんが養母の手を握りしめたときに、若かった彼女の手が皺だらけでゴワゴワになっていることに気づいた。 自分のために苦労してくれた若くて綺麗な養母が、年老いたことに気づき、その恩返しをしようと決意し、彼女は進学し、努力して現在に至った。  

 彼女に対する級友のいじめや、先生の差別的態度は壮絶で、聴いていたらメラメラと怒りがわいてきて、こいつら絶対に許せん、制裁を下してやるぅ!!と感情的になっている自分にハッとした。しかし、現在の彼女は彼らをゆるし、むしろ感謝しているというのだ。

 講演最後に、みなさん平和ボケしないでくださいと彼女は訴えた。まだ20代半ばの女性から言われるもなんだが、彼女の壮絶な体験により説得力があった。日常生活のなかで当たり前になっているが、食べ物があることや、雨に濡れない住居があることに感謝しなければならない、いや感謝したいと思った講演だった。

 昨日の土曜日は、母と奥さんと、千葉県野田市にあるグランローザ潮の湯に行ってきた。新しくてきれいな施設で、源泉かけ流しの露天風呂や、別料金の岩盤浴やアロマサウナも異空間っぽくて面白かった。

 012
ただし、館内持込飲食は禁止なので、母がつくったおにぎりは食べられないため、同市内の清水公園のアスレチックの池付近で、日差しを浴びながら食す。とても、いい雰囲気で美味しい。 

 紅葉はもう終わりの時期だが、残っていた少しの紅葉をたのしんだ。

011

512h9o8uuyl__aa115_
(-ε-) NHKBSで放映されていた「グッドワイフ」シーズン1を、1ヶ月半かけて鑑賞し、昨夜終了。しかし、シーズン1が終わったという達成感はなく、引き続きシーズン2を見なければならないのでもう大変! また就寝時間が遅くなってしまう(ノω・、)

|

« おしりの危機! DIの暴発か?? と向島百花園 | トップページ | ランナウェイ 人はなぜ悪人にひかれるのか。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/53510911

この記事へのトラックバック一覧です: サヘル・ローズさんの壮絶だった体験:

« おしりの危機! DIの暴発か?? と向島百花園 | トップページ | ランナウェイ 人はなぜ悪人にひかれるのか。 »