« 紅葉狩り 奥多摩 秩父 | トップページ | 数ヶ月ぶりの休肝日 »

2011年12月 4日 (日)

種ともこ デビュー25周年記念ライブ

   種ともこさんの25周年記念ライブがあり、横須賀まで行った。種さんの音楽を聴くようになったのは20年ほど前になる。彼女のユニークな美声と曲作りに魅せられた。

 
 最近はなかなか聴く機会がなかったのだけど、たまたま新しいアルバムが出たことを知り、オフィシャルホームページをみると、新曲「スキ!」の動画があり、昔と変わらない種さんがイキイキと躍動して聴こえてきて嬉しくなった。
 

 12月4日に25周年記念ライブ開催とのインフォメーションがあり、翌日早速予約したのだった。
 今日行ったのは 横須賀 Younger Than Yesterdayという飲んだり食べたりしながらショーがみれる大人のライブ会場。案の定、比較的にそれなりの年齢層 が多かったが、若い人もいて、フレンドリーで落ち着いた雰囲気の会場だった。   

031
 曲構成は種さんのデビューから現在までの各アルバムからチョイスした歌を時系列で演奏する。ステージでは種さんの歌とピアノ、トランスバランスという女性三人のグループがコーラスとアコーディオンや小道具を使って演奏する。どちらかといえば僕はアコースティックだけの演奏よりもエレキバンド演奏が好みなのだが、種さんのボーカルとピアノの強烈なドライヴ感覚に圧倒された。それにトランスバランスが美しく 躍動感あるコーラスと、時々のユーモラスさで素晴らしいサポートをしてくれた。 

  一部、二部あわせて2時間半の時間は、まったく中だるみしないまま、種さんの魅力とその歴史と未来を十分に堪能できる濃厚な時間だった。これほど、卓越したテクニカルなヴォーカルであるのに、技量以上に人格?人間性を感じさせる歌手は珍しいように思える。 

 歌が商業ベースの資材となり、粉飾され、商品価値を高めるのが当たり前の時代に、自分を基軸にした歌づくりをしている彼女の姿勢は素晴らしい。しかも、商業価値はなくても自分なりの歌でいいという自己満足的なベースではなく、彼女の歌曲はかなりの高レヘルに達している。そう自分には思える。

 商業的に成功を納めているとはいえないかもしれないが、デビュ-当時からの曲を聴いても彼女のセンスは抜群であった。今日のステージで聴いた限りでは、古い曲でも新鮮で斬新であり、完成度の高さが感じられる。 

 正直いうと僕は種さんの猛烈なファンではなく、CDだって全部もっていないし、ライブも16年くらい前に渋谷で聴いただけだ。でも、そのときのライブで印象にのこっているのは、阪神淡路大震災後だったため、新しいアルバムに入れようとしていた曲を中止したのだが、その曲を特別に披露すると言って、そのタイトルがたしか「東京に地震がきたら」というのだったように思う。その曲がまた凄くいい曲で、鳥肌がたった憶えがある。 

 種ともこさんについて、こんなに語るのはライブでお酒を飲んで、帰宅してからもワインを飲んだせいだろうか? でも、それを差し引いても素晴らしいアーティストである。

 017
 今日のコンサートは、4時半からだったのと、多分、生まれて初めて横須賀訪問だったので、旅気分で軍艦クルーズに乗船しました。いろいろコメント書きたいけど、もう11時過ぎで、風邪気味のため、写真中心にします。

 

 005

 ←米エンタープライズ。010

 

日本の潜水艦↓

029
 

 

 ←軍艦カレ|

 

 この後、種ともこさんの歌というのは、どういう取り合わせ?

   おまけ 

001 

 ←うちのマンションから(賃貸)、トッタ今朝のスカイツリー

 

   これから風邪薬のんで寝ます(昨日行った耳鼻科の先生の話だと、熱出ないで咳だけの風邪がはやっているらしいです)

   おやすみさない(*゚▽゚)ノ

|

« 紅葉狩り 奥多摩 秩父 | トップページ | 数ヶ月ぶりの休肝日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/53404782

この記事へのトラックバック一覧です: 種ともこ デビュー25周年記念ライブ:

« 紅葉狩り 奥多摩 秩父 | トップページ | 数ヶ月ぶりの休肝日 »