« 落ち着いていこう"! 善光寺、戸隠神社  | トップページ | "整体"初体験 »

2011年11月 1日 (火)

花粉と放射線.....パニック

 ここ数日、鼻がムズムズで、鼻水が出る。眼もかゆい、頭もかゆい。くしゃみが連続して出る.....。花粉症である。秋の花粉症になった。 

 一ヶ月くらいまえから、マスクを着用している人の姿をちらほらと見かけたが、大変なのね、ナイーヴなのねと憐れんでいたのだが、ここ数日で同じ立場となった。 

 4ヶ月前に漢方薬の鼻療から、カルピスのアレルケアに変えたのだが、効果がなかったのだろうか。それとも、毎日お酒を多めに摂取しているのがいけなかったのだろうか。 

 いずれにせよ、今日はお刺身を買ってきたので、これから納豆と漬物と一緒に、晩酌をするつもりなのだが.....。

 

 報道では、林野庁が10月31日、スギ花粉に含まれる放射性セシウムを調査し、人体に影なしと公表したそうだ。だが、それによって、「それはよかった、もう来春の花粉シーズンは、通常の症状に悩まされるだけでいいのね」と安心する人がどのくらいいるのだろうか。 

 放射線の測定結果等でわかるように、国民は政府も自治体も信用しないで、自分たちで放射線測定を行いはじめている。その結果、福島原発とは関係がない高度の放射線量を発見し、大騒ぎになってしまった。 

 この数十年間にわたって、ある意味では放射線と共存してきた社会が、原発事故をきっかけに、放射線についての認識が過敏になり、総点検をはじめた。高濃度の放射線が発見された地域で、身体に影響が出ているという報道は見当たらない。ひょっとしたら、あまりオーバーに考えなくてもいいのではないかという思いにもなる。 

 マスコミも、高濃度の放射線発見を待ち望んでいるかのように、過熱報道を繰り返し、不安を増幅させてくる。多分、来春の花粉症シーズンには、記事にできるような数値データを求め、頑張ることだろう。花粉に放射線の影響(どれほど微量であったとしても)を報道した途端、社会はパニックを引き起こす。

 だから、花粉対策マスクとかは、今のうちから準備しておいたほうが賢明であろう。 

 放射線の影響は絶対になくならない。福島の影響であろうと、自然由来であろうと、放射線と共存していくしかないのだ。そのために、排除だけではなく、共存という発想をもって、対応していくことが大切だと今日思った。

 

 決して、人間を排除するようになってはならない。それだけは許さない。

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/toku/syunju/CK2011101202000151.html

|

« 落ち着いていこう"! 善光寺、戸隠神社  | トップページ | "整体"初体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/53138352

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉と放射線.....パニック:

« 落ち着いていこう"! 善光寺、戸隠神社  | トップページ | "整体"初体験 »