« 今日の気づき | トップページ | 極限状態からみえるもの »

2011年9月27日 (火)

小林よしのり「国防論」

9784093897365今日は、珍しくお酒も飲まずに、書店で購入したばかりの小林よしのり「国防論」を読む。前半は東北大震災と自衛隊の活躍を描き、中盤から自衛隊のあり方、中国脅威、TPPといったテーマになり、最後は原発と国防で締めるといった構成だ。

 被災地支援における自衛隊の報道を見て、彼らの士気の高さや、規律性、献身的姿勢は世界に類をみない優れた軍事?組織であると感じていたが、本書を読んでさらに自衛隊に対する感謝の想いが湧いてきた。まぁ単純かもしれないけど....。

 ただ、中盤の中国やTPPのあたりは、前半の物語にのめりこむような展開があまり感じられなかったのが残念。しかし、最後の原発と国防は、私たち読者にどう選択するのかを強烈に突きつけてくる。

 本書を読み終えて、自問してみた。私たちは、今回の震災で何を学んだのか。
 国や、原子力推進機構、東電の無責任さの追求で終わってしまうとすれば、何も変わっていないことになるだろう。
 原発事故による放射性物質の恐ろしさを知って、福島に対する風評被害でお焚き上げや花火大会を中止したことによって、何が守られて、何が壊されたのか。私が知る限りマスコミは、中止になったと報道するだけで、このままだと差別社会化が進むことの危険性を指摘していない(木材や花火が危険ならば、次は人間とならないのか!)。

 私は、3月11日の体験と、それ以降のこの国の姿をみて、こう感じている。

 自然を完全制覇することはできない。地球を人間のコントロール下におこうとしても、圧倒的なスケール差があり、不可能である。今までつくってきた人工的世界観が不動で主軸であると思い込んでいたが、そうではないようだ。
人間は自然、地球、宇宙と共存しており、人間が造ったものや考え方中心がすべてではないという自覚が大切だ。
 つまり、自分がまだ知らない世界があること、変化しなければならないことがあることを自覚して生きるということだ。そうすると、謙虚になって、感謝できる自分になる。そこから、まずはじめることにより、やがて今までの失敗を起こした過去のパラダイムからシフトしていくことができるのではないか。

 そして、震災時において、「公」のために、避難放送し続けて、津波に飲み込まれた役所の方や、消防、警察官等の方々、また震災後に身の危険を顧みず原子炉に放水してくれた自衛隊や消防隊の方々、救援活動に従事するボランティアの方々の存在.....。この国には、もはや評論家や受益者ではなく、奉仕者、実践者が必要だということ。
 無縁社会、クレーマー社会、格差社会.....マスコミによる造語や心理的波及効果によって生じた歪みは、大震災の悲惨な現実によって、その歪みの存在自体が脆弱になってきている。もう問題ばかり指摘していないで、たとえ、被災地にいけなくても、自分の身の回りから、他者を思いやり、何か働きかけをすることから、社会が変わっていく。

 自己保存に居着き、花火を中止させるより、少しの(天文学的微少?)リスクがあったとしても、福島を応援できる人間になっていきたい。

 アインシュタインが言っていたように、問題が発生した段階と同レベルの立ち位置に留まっていては問題は解決しない。より高い位置に立たなければならないのだ。

 従来の自分の利益拡大や、安全を追求したライフスタイルや、職業意識を超えて、新しい共存社会や、生き方へシフトしていくべきなのだろう。勇気をもって...

  もっといろいろと書きたいけど、日付が変わってしまったので、この辺にしておきます.....

|

« 今日の気づき | トップページ | 極限状態からみえるもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/52841040

この記事へのトラックバック一覧です: 小林よしのり「国防論」:

« 今日の気づき | トップページ | 極限状態からみえるもの »