« 不思議な出来事 | トップページ | 自分でつくったおばけに怯えている人間 »

2011年6月12日 (日)

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で迷惑客を叱る奥さん!

昨夜は、我が家にクラポンと、奥さんの職場のスタッフ二人(大学卒業して2年目!)が遊びに来た。手料理とお酒を振舞いながら、仕事の話したり、結婚式DVD観たり、合気道の気の体験(酔って不謹慎ながら)など盛りだくさんで、あっという間に12時近くになってしまった。

だから、本日は仕事の勉強しようと思っていたのだけど、午前10時まで寝てしまい、それからダラダラとテレビみたり、ウツラウツラしたりしていて、1時間だけ真面目に資料を読んだ。なんとなくこのまませっかくの休日を終わらせるのはもったいないと思い、午後遅めに奥さんと「X-MEN:ファーストジェネレーション」を観にいく。 T0010184p

 映画館では、座席の周囲にアジア人のグループが座っていた。奥さんの隣の若いアジア女性二人は、予告編が始まってもなんかペラペラしゃべっていて、気になってしまい、本編では静かにしてくれよぉと少々不安がよぎる。しかし、本編が始まってからもシーンの合間に話している。(`Д´) 

 本人たちは小声と思っていても、映画館では耳障りで、物語に集中できなくなってしまう。さすがに注意しようかと迷っていた矢先に、奥さんが「しゃべらないで静かにして!」と注意をしたら、それから喋らなくなった。やがて、物語が終了し、エンドロールが流れ出した時に、彼女らは席を立ったが、奥さんのほうをにらみつけながら歩き、出口でも向きなおしてにらみつけたようであった。 

 あちらにはあちらの言い分があるのかもしれないが、上映中にお喋りをするのは迷惑な行為だ。ひょっとしたら、英語も日本語もわからない友人に通訳していたのかとも想像したが、上映中のお喋りはマナー違反には違いがない。それにしても、迷惑をかける隣の観客に、凛として注意するうちの奥さんは凄いと思った。今後、私も気をつけようと思った(;ω;)。 

 映画の方は、かなり高い評判だったが、X-MENシリーズを全部観ている自分としては第2作目が一番好きだ。しかし、今までのシリーズで登場する車椅子や、ヘルメットのおじいさんたちが、なぜそれぞれの立場で争うようになったかが、よくわかった。

 超能力ものは、年頭から一ヶ月かけて、『HEROES』77話を制覇したので、少し食傷気味になっていたのかもしれない。昨日、録画してあった「おとうと」を観たが、最初思っていたよりも良い作品で、最後は泣いてしまったなあ。

|

« 不思議な出来事 | トップページ | 自分でつくったおばけに怯えている人間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 検索すると、うるさい人に困ったという声は多いですね。ただ、逆ギレがこわいようです。

 確かに他人から話しかけられることが皆無な現代人は、注意されればなおさらですね。

 そういうときの対応としては関西弁が効果的かもしれません。小声で鶴瓶がいうみたいに「すんません、少し静かにしってもらえますやろか?」

投稿: TAKKUN | 2011年6月18日 (土) 18時17分

こういった時の女性は強いですよね!!

ただ、映画上映中の迷惑行為は本当にやめてほしいです。
そんなに自由に観たければ家で観ろと思います・・・

突然のコメント失礼致しました。

投稿: ただの映画のレビュー | 2011年6月16日 (木) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/51926029

この記事へのトラックバック一覧です: 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で迷惑客を叱る奥さん!:

« 不思議な出来事 | トップページ | 自分でつくったおばけに怯えている人間 »