« 週末は映画 | トップページ | 八日目の蝉等々 »

2011年5月30日 (月)

ブラック・スワン

Photo 今日は仕事が終わってから、奥さんと待ち合わせて「ブラック・スワン」を観た。この映画はかなり評価が高く、普段辛口しかいわない映画評論家もテレビで大絶賛していたとのことだ。

 
 他人様の意見に左右されやすい自分としては、こんどの土曜も出勤だし、奥さんは今日は代休だったから、今日は平日の空いている映画館で、巷で絶賛のこの怖ろしい?映画を観ようと思ったのだった。

 内容は他のサイトに任せるとして、まず感想としてはナタリー・ポートマンが中盤から壊れて狂っていくのだけど、突然の音とか、誰かを出現させたりして驚かすのはやめてほしいということだ。 

 そうでなくても、気の弱い私としては、場面の展開から「こっ、これからきそうだなぁ....Σ(゚д゚;).」という覚悟ができないまま、突然○○がでたり、大きな音を立てられると、足元からぞ~っとしますんねん。

 物語は、中たるみなしで面白いんけど、とにかくなんか痛~ッつう感じですねん。 

 この監督は「レスラー」も撮っていたから、通じる部分はあるけど、ミッキーロークの痛さはデスマッチという必然性があったけど、この映画は無秩序に病的な痛みを味あわせてくる。 

 最近の映画って、どうしてリアルな痛さや、変な不条理さ、無秩序さを表現してくるのが多いんだろう。 

 ナタリー・ポートマンの演技には圧倒されて、芸術というのは故岡本太郎さんのいうように、心地よくあってはいけない、きれいであってはいけないというのは本当なのかもしれないと改めて思ったのでした。

 鑑賞後は、暗い気持ちから気分転換のため「牛角」によって、たらふく飲んで食べて、そして帰宅してからは、もう怖くない映画をということで「霧の中の風景」を観ました。

1294992718_2 この映画は、ギリシャ、フランス、イタリア合作で、アテネからドイツへ、会ったことのない父親を探して旅をする幼い姉弟を描いたドラマで、第45回(1988年)ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。

 「ブラック・スワン」の幻想的なサスペンス性は皆無で、芸術的なロードムービーとして、コアな映画フアン大絶賛の古典的?作品である。物語進行はまったり感があるが、現実の不条理さや、人間のはかなさが、妙にリアルにせまってくる。

 だが、これも明るい気持ちになれる映画ではない。ラストは少しは希望がもてそうなシーンだが、それだけで前向きな気持ちになれるものではない。

 今週はツタヤで「RED」を借りてこようかしら......(;ω;)

|

« 週末は映画 | トップページ | 八日目の蝉等々 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/51811496

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スワン:

» 映画「ブラック・スワン」ナタリー・ポートマンという女優の成長とシンクロする傑作! [soramove]
「ブラック・スワン」★★★★★満点 ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、 ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、 ウィノナ・ライダー出演 ダーレン・アロノフスキー監督、 110分 、2011年5月11日公開 2010,20世紀フォックス映画 (原作:原題:BLACK SWAN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を獲得した作品 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 00時50分

» 『ブラック・スワン』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…... [続きを読む]

受信: 2011年6月14日 (火) 01時15分

« 週末は映画 | トップページ | 八日目の蝉等々 »