« 希望という名の光 | トップページ | テレビが悲惨な現実を逸らす »

2011年3月30日 (水)

池上彰さんがマイブームかも?

 一ヶ月前の呑気な自分には、現在のこの状況が想像できるはずかなく、未だに実感がわいていない気もする。昨日のニュースでは被災された方が、崩壊した我が家と工場をみて、夢をみているような気がするとおっしゃっていたが、そんな感じだ。

 今日は夕方早々と帰宅して、ご飯を炊いて、お風呂に入って、帰宅した嫁と夕食を食べながら、お酒を飲みながら池上彰さんの「教えてmr.ニュース」という震災特番を観る。多分、世界には多くのキャスターがいるが、誠実さとクレバーなところで池上さんに匹敵する人はいないだろうなと思う。

 日本でも数多くの番組があり、多くのキャスター、解説者たちが震災や原発を語っているが、誰も池上さんの説得力にはかなわない。その違いは何か?。多くの人たちは情報の正確性や、主張の正しさを語っているが、池上さんは相手に伝わることを第一義としている。勿論、正確な情報や、論理的な考え方が前提とはなるが、それが相手に届かなければ意味がない。

 伝わることに喜びを感じている池上さん。その喜びが情熱となって私たちに届けられるのだろう。彼は自分の正しさや優位性を主張することなく、わかりやすく伝えることを大切にしている数少ない本当のキャスターだと思う。

 .....別に池上彰論を書くつもりはなかったが、類稀な存在感が3月で降板するということで、名残りおしい...................

 

  さて、冒頭に戻るが、震災後の日本は、それ以前とは違う様相、違う世界に突入してきている。先月、このブログでは無縁社会ではなく断縁社会だと書いたが、無縁社会だ、孤独死だと特集を組み、大問題と訴えていたメディアは、今も同様に叫び続けているのだろうか。これからも叫んでいくのだろうか。

 現在という状況を受けとめているならば、多分、それはもうできないだろう。

 テレビではACの宣伝で、思いはみえないけど思いやりは見える、日本の力を信じている、みんなでやれば大きな力に....としつこいくらいに流し続けている。社会や人間不信を訴え続けていたメディアが、震災後人格が変わったように感じられる。

 震災により亡くなった方々や、家や家族を失った人たちの避難所での共同生活、原発現場で懸命に復旧作業をしている人たちを観ていると、無縁社会自体の脆弱さとまやかしを感じずにはいられない。

 人は誰かと共にしか生きられない。はっきり言おう。一人で生きていると思っているのは錯覚であり、まやかしだ。

 集団の中でしか生きられない人間が、都市機能や、社会保障、雇用形態等により、一人で生きられる、生きていると錯覚を起こして、長い年月を経てきた。社会とは無縁に生きていると自覚している人だとしても、震災にあって、がれきの下でもがいている人を無視することはできるだろうか。それはできないだろう。特殊な状況だから、人と関わるのではない。もともと関わらなければ生きていけないのに、無縁で生きていると錯覚していただけなのだ。

 この社会システムは、天地は一定の秩序を保ち続け、多少の台風や地震が起こっても自然をコントロールできるという根拠なき自信に基づいて設計されている。

 今回の地震、津波が想定外だったという専門家がいるが、想定できると思っていたこと自体が過度な自信だったと反省できないだろうか。

 私たちが一月前まで当然のように思っていた、安定した地球環境で、当たり前のように繰り返される朝の通勤・通学や、ワイドショー、コンビ二やスーパーでの買い物、夜のニュースステーションといった終わりなき日常は、幻想だったことがはっきりした。

 震災直後に円相場が変動し、株価も動いた。この大震災を標的にして経済利益を求めて動く世界システムも、人間性から逸脱した底の浅いもののように思えてきた。

 一ヶ月前には当たり前だった、お金を稼ぐ、高価なものを購入する、人より上の立場に立つという欲求も、突然に生命や家族、地域社会を奪われる人たちを目の当たりにして、はかなく思えてきたのは私だけだろうか。

 テレビはAC宣伝゛けではなく、通常の商品CMも流し始めた。震災一色だったテレビ放送も、通常番組が復活してきた。

 けれども、もう私たちは一ヶ月前の社会にも、自分にも戻ることはできない。膨大な被災した方々と、現在も続く原発の危機的状況は、私たちに本当の現実を見よと訴えているようだ。

 この世界は、決して普遍ではなく、変動するのが当たり前だということ。そして、人は他者と共に生きていく存在であり、それは思想でも選択でもなく、必然だということ。それを決して忘れてならない。だからこそ、隣人にはあたたかく接していかなければならない。まずはそこから。

 池上さん、こんな感じでいいですか。

 

  

 

 

 

|

« 希望という名の光 | トップページ | テレビが悲惨な現実を逸らす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/51248378

この記事へのトラックバック一覧です: 池上彰さんがマイブームかも?:

« 希望という名の光 | トップページ | テレビが悲惨な現実を逸らす »