« 善光寺参拝&白馬宿泊 | トップページ | 「松竹梅白壁蔵」の試飲会  »

2010年11月 8日 (月)

書籍代と宴会費

 今日は、昨日一昨日のツアコン及び運転疲れの為、久々に年休をとった。身体がだるかったので、ゆっくり休もうかとも思ったが、今日は午前に合気道のお稽古がある日なので、そちらに行ったほうがリフレッシュすると思い、大急ぎで洗濯する。ただし、寝坊したために時間がない中、洗顔したり、トイレ入ったり、ミルクティーを飲んだり、道着準備したりと大忙し。

 出発時刻10分前になって、洗濯終了ブザーが鳴る。洗濯物を干すのにけっこう時間がかかって10分はあっという間に過ぎた。先月購入した洗濯機は風呂の残り湯を汲み取れる装置付なので、残り湯の有効活用ともったいないからと、洗いすずき1を残り湯にして、すすぎ2を水道水とした。これならば、すすぎは水道水1回にしとけば時間節約になったのに、エコ・ロハスというよりもケチなだけかもしれない。

 今でも、日用品を買うときにこれは100均で売っているかどうかをまず最初に考えてしまう。....といっても何でも100均優先というわけではないが、例えばコンビ二で文房具や洗剤等を買うのには抵抗がある。しかし、飲み会では、かなり使ったりしているのでそれは自己矛盾だ。 

 2800円の本を買うのにかなり迷ってしまうのに、1万円の宴会は本ほど迷わないのはなぜ? 近距離でタクシー使うのを躊躇して、月に若干しか行けないジム会費に10000円払うのはなせ? ひょっとすると.......どうやら自分の意識はまだ高校生からのままで、自分の小遣いの範囲で色々と判断しているのかもしれない。万単位だと遠い領域だが、百円千円単位は身近な領域な領域だ。だから、少ない小遣いで苦労してきた自分としては、円単位が低く、比較しやすいもの、自分ですぐ判断できるものには、ついついケチっている傾向があるようだ。あー何と情けない男なのだろう(泣)。よしっ、もう小さな査定はやめようっと。

 leo嫁に今朝、お稽古に行くのに大慌てだったとメールしたら、なぜ君は先をいそぐのか....とお返事がきた。

 確かに今までを振り返ると、人生無駄にしないように、色々生きてきたような気がする。過激な部分もあった反面、恐ろしく怠惰な面もある。昔からオーディオの高音・低音は、lowやmiddleではなくhighに設定してきたのだ。ギターアンプもそうしていたため、10年位前に一緒にバンドやったタトゥーのボーカルから、そのうるさい音を何とかしてくれと哀願されたことがあった。昔から、俺って音質の好みが人生にも反映されているよなと感じていた。どうやら中庸というものが自分には足りないかもしれない。

 合気道の稽古では、力任せでもなく、腑抜けでもなく、落ち着いたこころの状態が一番強いということが体験できる。普段の生活の中でも勝手に焦って、そして疲れて怠惰になってという繰り返しが自分自身を弱くしているのがわかる。今朝は合気道に行く途中に焦りつつも、そんなことを考えていた。

 516vl8ormil__sl500_aa300_ 夕食後の午後9時過ぎから、「4ヶ月、3週と2日」を観る。チャウシェスク政権末期の女子大生が違法の中絶をすることになり、それに奔走するルームメイトを描いたルーマニア映画。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞しただけあり、面白かったし、ハラハラもしたが、後味はよくない。友人想いのルームメイトには脱帽するが、あの友人によくあそこまで尽くせたのか不思議だ。

 

 私はあまり自分のブログを友人知人には紹介していないのだが、ブログをみた一部の方々から、映画をたくさん観ていますねと言われる。 それは別に義務感でも、焦りでもなく、ある程度の自由な時間があり、とりたててしたいことがない場合、テレビをボーっと観ているのが面白くないからだ。以前はかなり読書をしていたが、最近はお酒を飲んでいることが殆どなので読書は少々つらく、映画が一番適している。高校生のときは映画年間100本と決めて、かなり名画座通いをしたが、今はレンタルがあって大助かりです。

|

« 善光寺参拝&白馬宿泊 | トップページ | 「松竹梅白壁蔵」の試飲会  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/49972667

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍代と宴会費:

« 善光寺参拝&白馬宿泊 | トップページ | 「松竹梅白壁蔵」の試飲会  »