« キング・オブ・コント | トップページ | ビッグダディが人気の日本は健全かも »

2010年9月25日 (土)

「十三人の刺客」と気分転換に銀座ワインバー

 Photo 今日は評判の高かった「十三人の刺客」の初日を観に銀座まで足を運んだ。会場は超満員で比較年齢層は高めで、上映中もトイレに行く方が多く、ドアの開閉時の光がうっとうしかった。

 感想はというと、はっきり言って思っていたよりも驚きもなく、感動もなくといった印象だ。決して悪い映画ではないのだが、登場人物たちへの感情移入とか、合戦シーンにいたるドラマがイマイマチだったためか(黒澤映画の七人の侍はそれらがきちんとしていたが)、後半の長い死闘シーンに食傷気味になってしまった。特に一緒に観た嫁は最後のシーンで引いてしまったらしい。...........といいつつ、作品のできは悪くなかったと思うし、役所をはじめ俳優陣もよかった。ただ、あまりにも高い評価だったため、つい厳しい見方をしてしまうのだろう。評価はやはり、公開後を参考にした方がいいかなと思ったのは、最近だと「ヒックとドラゴン」、「告白」などが評価が高く、観たらその通りだった。

 鑑賞後は、映画とはまったく違う世界に行こうということで、銀座ワインバー「ぶしょん」でワインと食事をする。ここは地下2階で目立たないけど、なかなか雰囲気もよく料理が美味しい。また、生ピアノ演奏があるのも楽しめる。すきっ腹で飲んだため、酔っ払ってしまった。

 帰宅途中にツタヤによって往年の名作(ロックンロール浪花節といわれている)「ストリートオブファイアー」を借りてきて、さきほど家につく。さあ、これから、チューハイつくって、嫁と観ます。

|

« キング・オブ・コント | トップページ | ビッグダディが人気の日本は健全かも »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/49560533

この記事へのトラックバック一覧です: 「十三人の刺客」と気分転換に銀座ワインバー:

« キング・オブ・コント | トップページ | ビッグダディが人気の日本は健全かも »