« ベトナム旅行記~日本出発編 | トップページ | ベトナム旅行記~ハノイ・日本帰国編~ »

2010年8月 5日 (木)

ベトナム旅行記 ホイアン編

やばイッス!  今日は職場の同窓会のような飲み会があり、中生2杯、レモンサワー4杯までの記憶はありますが、ボーとしたまま帰宅し、マッコリのみはじめました。結構よってます。今日は忘れないうちにベトナム旅行の第二弾を書かなければなりません。目がまわりつつ何とかやってみましょう!

ホイアンは世界遺産で、ベトナムの古都です

ウィキペディア ホイアンベトナム語:Hội An, 漢字:會安)はベトナム中部クアンナム省ダナン南方30キロにある古い港町である。トゥボン川の河口に位置する。ヨーロッパ人にはファイフォ (Faifo) と呼ばれたこともある。中国人街を中心に2010_005古い建築が残り、1999年に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

朝は、部屋のインスタントコーヒーを飲みながら、ベランダでインターネットを愉しむというシチュエーションの写真を撮りました。

ホテルのシャトルバスにのって、ホイアンの世界遺産エリアに到着しました。世界遺産といいつつ、京都の佇まいよりも、浅草の喧騒に通じるような町並みでした。世界遺産としての建造物はありますが、殆どがお土産屋や食堂になっており、のんびり過ごす雰囲気ではありません。

2010_018前中は、嫁の買い物に付き合いながら、世界遺産を見学。左の写真はかつて16世紀に日本人が来訪していた時代の遺跡の日本橋だ。物売りのしつこさに辟易しつつ、昼には川沿いのレストランでシンガーポールスリングをオーダーし、一息入れようとしたところ、店の女の子が「大変すみませんが、バーテンがいないためそのカクテルできません」と謝ってきた。それはそれとして責めないのが日本人ですということで、ポピュラーなカクテルのマイタイをオーダーした。それでも10分くらい色々と研究した結果のマイタイが運ばれてきた。ちょっときつめのアルコール度数だったが、ここまでくる紆余曲折を浮かべながら味わった。

 それから昼飯はガイドブックに載っていた「ホワイトローズ」本店に、10数分かけて行った。ホワイトローズと餃子を頼んだが、日本では決して味わえない庶民的料理を堪能した。

2010_010 それから、ホテルにバスで帰ってからは、ベトナム最大のプールでのひと時だ。

海にも入ったが、にごっているだけで魚も見れないため、すぐにプールサイドに戻る。

夕方は値段が高いが、ホテルのレストランでベトナム料理をおいしく頂く。

2010_046 

|

« ベトナム旅行記~日本出発編 | トップページ | ベトナム旅行記~ハノイ・日本帰国編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/49070150

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム旅行記 ホイアン編:

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 08時56分

« ベトナム旅行記~日本出発編 | トップページ | ベトナム旅行記~ハノイ・日本帰国編~ »