« 50歳男ディズニー「魔法にかけられて」にハマル! | トップページ | 「曲がれスプーン」 »

2010年7月 5日 (月)

数秒で身体が変化「三軸修正法」の不思議さ

先週は久々に午後年休ををもらって、三軸修正法の講習にでかけた。三軸修正法とは、検索すればすぐに出てくるのだが、この創始者の池上六朗先生を知ったのは、内田樹先生との共著「身体の言い分」を読んでからだ。内田先生は、数年前に膝を故障して、歩くのも杖、階段も手摺につかまって昇降していたらしい。

 内田先生は医者からはこのままだと歩けなくなると宣言されたのだが、不思議なご縁で池上先生と出会い、私が治しましょうと言って、身体にも殆ど触れずに3ヶ月程度で治ったという。

 私も今年一月に膝の調子が悪化し、最近は小康状態だったが、先週から痛みを感じるようになった。自転車をこぎながら出勤していると、ふと三軸修正法ってどんなものだっけ?と頭によぎるものがあり、昼休みにインターネットで調べると、翌日に講習があるとわかった。スケジュールもその日は空いていたため、即座に申し込んだ。

 さて、初めてお会いする池上先生は、想像していたよりもぽっちゃり系でにこやかだった。出会った瞬間に、この人はすごい気というか、オーラというか何かをその場全体に放出していると思った。権威があるとか、力強いとかではなく、微笑み満面で、淡々と話される姿からの出ているエネルギーに圧倒された。色々な人に会っているけど、最近お目にかかったことがないタイプの方なんだぁなぁ.....

 三軸の簡単な理論説明(けっこう難しかったが)を受けたあと、池上先生が調子の悪い人を前にこさせて施術?をする。身体をちょっと傾けてさせて、背中を少し弱く叩いたりしていたが、その間は数秒といった短い時間。 それによって痛みが消えたり、曲がらない部分がまがるようになったのだった。

 私も2回ほど、実験台?になったが、なかなか言葉で伝えられない。自分の感じ方だと、身体の歪みを無理して伸ばそうとかせずに、まずは歪んだ状態で安定している自分の身体を認めて?そこから少し身体の向きを変えて修正していくようなイメージだ。

 驚いたのは、ここ数年の間、ほぼ毎日のように開脚して、身体を前に倒す体操をしているのだが、年齢を重ねるとともになかなか顔がつかなくなり、あごの先がちょっと床につくのがやっという状態である。しかし、池上先生から、肩とか背中あたりを数秒いじられただけで、何とらくらく顔が床にペタアとくっつくではないか!!!

池上先生は、講義中にもいろいろ不思議なことをされていて、その都度私に「信じてないでしょう」とにこやかにおっしゃっていたが、確かにえぇぇほんとうぅぅぅと驚いていたのは確かであるが、自分の身体が変化したのは事実である。数年間、やわらかくしようとして、開脚しながら股関節のスジを伸ばして、呼吸も整えてと努力した自分なのに、なんで数秒の施術で身体が修正され、簡単に顔面、いや思い出した!!へそまでくっついたのだ。

 6年位前は顔はなんとか床についたが、へそはなかった臍は.....。

 また、池上先生のぽちゃ~ぁとした微笑みをみたくなったなぁ.....

 

 

|

« 50歳男ディズニー「魔法にかけられて」にハマル! | トップページ | 「曲がれスプーン」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/48805209

この記事へのトラックバック一覧です: 数秒で身体が変化「三軸修正法」の不思議さ:

« 50歳男ディズニー「魔法にかけられて」にハマル! | トップページ | 「曲がれスプーン」 »