« 休肝日だが、ノンアルコールビールと発泡酒のミックスは..... | トップページ | 4分間のピアニスト »

2010年7月17日 (土)

ナチュラル・シテイ フランドル

 夕べは、前の職場仲間の暑気払いを上野で行い、そのまま浅草でK本さんと飲み続ける。ビール、焼酎、ジン、梅酒、マツコリと飲み続け、さすがに今日は二日酔い気味。左膝も自転車にのるとつっぱたような痛みがあるため、ジム行きは中止。

 嫁は学生時代の友人たちと渋谷で会いに行ったため、夜は飲むつもりだったが、昨夜のこともあり今日は控えた。吉野家で焼肉定食にけんちん汁をつけた600円が夕食。さすが、足りなくてあとからパンを焼いて食べた。

 夕方から家に一人でいたため、DVDを2本観る。一作目は「フランドル」というフランス映画で2006年カンヌ映画祭審査員グランプリ受賞作品とあったので借りてみた。音楽がまったくない映画で(エンドロールも)娯楽作品とはいえない雰囲気の映画だ。まあ、戦争の狂気と、男女の愛をモチーフにしていたが、なんだかよくわからない映4527427642836_1l画だった。

  二本目は格調高そうなフランスと対極?にある韓国製SF映画「ナチュラル・シテイ」。これはブレードランナーっぽい世界に、警官とアンドロイドの恋愛をからめている。これもアクションなのか恋愛映画なのか、なんだかよくわからない映画だった。

  久しぶりに時間がたっぷりあった一日だったが、映画2本で終わるのは何かむなしいなと反省しつつ、やはり家で観るときはお酒を片手に愉しむが一番であると思う。

 

|

« 休肝日だが、ノンアルコールビールと発泡酒のミックスは..... | トップページ | 4分間のピアニスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/48902383

この記事へのトラックバック一覧です: ナチュラル・シテイ フランドル:

« 休肝日だが、ノンアルコールビールと発泡酒のミックスは..... | トップページ | 4分間のピアニスト »