« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

圧巻!「アバター」は100点満点!!

Upao6nh0img600x4001260190386flyui75 今日は今年度初めての有休をとって、有楽町マリオンで評判の映画「アバター」を観る。平日の昼の回だが、席は3分の2程埋まっている。入口で3D用のメガネをもらう。メガネをかけると多少違和感があり、映像にも焦点があわせづらい感じもしたが、時間が経つにつれて馴れてくる。そして、不思議な惑星の世界にのめり込んでいくのだ。

 この映画は、3D映画館で絶対観てほしい.....と多くの評論家、コメンテーターがいうだろうが、通常の映画館でも楽しめると思う。映像の凄さも言うまでもないが、ストーリー展開も意外性はないが、大作のあらゆる要素が盛り込まれており、「2012」のようにCGの素晴らしさだけで売る映画とはこの「アバター」は違う。

 最初は無気味な宇宙人?だったが、ヒロインが段々と魅力的になってくるのは、演出の効果なのだろうか?そして、いかにもアメリカ的な軍隊と会社がでてくるが、あまりにも20世紀を象徴するような暴力と破壊、強欲の地球人たちが、逆に異常者たちにみえてくる。

 この映画を観ている最中に、こんなに素晴らしい映画を観てしまったからには、今後は、なかなかこんな映画にはお目にかかれないだろうなぁと寂しい想像をしてしまった。

 インターネットの映画評論をよく観るのだが、この映画に100点をつけた評論家にはまだ会っていない(そもそも100点がついた作品自体をみたことがないのだが)。だが、私にとっては文句無しの100点満点の映画である。

 ドキドキさせて、ボーっとさせて、クスッと存分にさせてくれたジェームズ・キャメロンよありがとう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »