« 一歩、歩けば脳は育つ! | トップページ | 母なる証明 »

2009年10月18日 (日)

「チェンジリング」「歓喜の歌」「マックス・ペイン」

引越しした関係もあって、レンタルビデオからは遠ざかって、ひたすら映画館に通っていたが、「歓喜の歌」をみる必要性があり?、二年ぶりにレンタルビデオ屋に行き、一気に三本借りて一日で観た。

「チェンジリング」1006227_01ロードショーで予告編を何回も観たが、どうも暗い雰囲気と、アンジェリーナ・ジョリーがあまり好きではなかったので、遠慮していたが、なかなか評判が良いので、借りてしまった。

結果は、凄いの一言!。行方不明の息子が戻ってきたが、別人だったことから、警察の圧力、精神病院への強制入院、裁判等々、まったく飽きさせないスリリングな展開はアッバレだ。

 アンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技に喝采!しかし、80年前とはいえ、腐敗した警察と行政の癒着は腹立たしい。これは実話であり、脚本家は1年間かけて調べ、仕上げた作品らしい。

 アンジェリーナ・ジョリーが、窮地に陥っても、権力を敵にしても手を差し伸べる人たちがいる。私たちの日常生活ではなかなか気づくことのできない、愛情と、勇気と友情の大切さを教えてくれる映画だ。

 「歓喜の歌」D112505261 これは、私の大好きな立川志の輔の落語を映画化したもの。市民会館のダブルブッキングの一騒動のはなし。

市民会館主任の小林薫のなんともいえない、無責任でやる気のないお調子者の演技がいい。

「チェンジリング」を観た後に、鑑賞したが、日本人に生まれたことを感謝してしまった。

「マックス150491・ペイン」これは評判いいと思って借りたら、実は結構不評で、ゲームソフトを映画化した作品。全体に暗い映画で、変なCGも出てきて、展開は予想がつくことからも、評判は悪かろうと納得したが、私はそれなりに楽しんだ。

ただ、やはりこういうドンパチ映画は爽快感がほしいな。第一作目の「ダイハード」のようなインパクトのあるドンパチ映画がてでこないかなぁ。

 映画を3本観たら、あっというまに1日が終わってしまったけど、実は少しだけ、本も読んだ。矢沢永吉のインタピューが載っていて、10年位前のオーストラリアでビル経営を任せていた部下からの詐欺横領事件で30億円の負債を負ったとき、一週間落ち込んで酒飲んで、矢沢は終わりだと真っ暗闇の中にいたらしい。でもふと気がついた。これは映画だと思えばいい。人間に生まれ変わりがあれば、このたびは「生活保護受けて、苦労して広島から夜汽車に乗って上京し、やがて世紀のロックンローラーになる役さ」って悪くない。「でも、途中でオーストラリア事件とか、いろいろ苦しいことも起きるけど、まう人生楽しんでこいや」って。

 矢沢だけが人生の主役ではない。みんな誰しもが人生の主役だ。今朝聴いた柳家小三治師匠の「駐車場物語」のホームレスの長谷川さんも、人生の映画の主役なのだ。

|

« 一歩、歩けば脳は育つ! | トップページ | 母なる証明 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/46520748

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェンジリング」「歓喜の歌」「マックス・ペイン」:

« 一歩、歩けば脳は育つ! | トップページ | 母なる証明 »