« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

うつ病と職場

 職場の女性が今日病院でうつ病と診断され、病欠をとることになった。10年くらい前にうつ病と診断され、安定剤を飲んでいたらしいが、病欠となるのは今回が初めてとのこと。

 私の職場でもうつ病で休む人が多いし、日常会話の中でも「うつになりそう」とか「病欠とりたい」という言葉が頻繁に飛び交うようになった。

 戦争中では、過酷な状況に陥りながらも精神疾患者は少なかったと聞いた記憶がある。現代社会でのストレスは、生命の危機にさらされる戦中の比ではないはずだが、仕事の質とか量や、人間関係でやられている。

 私自身もストレスのため自律神経失調症と診断されたこともあるし、ストレス性胃炎もやったので、あまり偉そうにいう資格はないと自覚しているが、最近の風潮に疑問は感じる。

 多分、私が明日心療内科に行って、医師に対して近頃食欲がなく、眠れず、日常的に吐き気がするなどと訴えれば、医師はうつ病或いは自律神経失調症として一ヶ月の休養を要すと診断書に書いてくれるだろう。そうすれば、職場の上司や同僚に遠慮しながらも、権利行使として職場を一ヶ月休むことができる。

 いいか悪いかは別としても、かつてはうつ病と診断され、病欠になることに対しては、ある種の決意が必要だった。誰だって多かれ少なかれストレスはあるし、人間関係の悩みだってある。それを抱えながらも、家族のため、会社のために働くのが普通だった時代がある。しかし、現在は、自分の悩みや不安を、仕方ないものとしてあるがままにはせず、医者に疾病として診断され、病名をつけてもらうことによる解決を目指すようになった。

 それで解決はされましたか?......私の知る限りでは、精神的疾病のために病欠をとった人たちは、完全復帰ができないまま、職場を漂流し続けているように思える。

 勿論、きちんとした専門的な治療が必要な人もいらっしゃるだろうし、一概にその風潮を否定するわけではないが、精神的ストレスを疾病と捉え、簡単に職場を休めるようになったら残された現場の職員たちの負担は増大し、会社の負担も増加し続ける。

 誤解を怖れずにいうならば、私が危惧するのは本人への治療が不完全なまま、病院がストレスを訴える患者に対して、長期休養が必要と診断をし、病欠を推奨するような社会になっていくことの不安である。

 それは病気なのか? 不安で眠れないことや、誰かに嫌われているんじゃないかと思うことや、仕事の成否に胃が痛む日々を過ごすことは、うつ病なのだろうか?それが社会人として当たり前だった時代があった(善悪は別としても)。しかし、そういう状態になったとき、自分は病気だ、病院にいかなければという発想につながる現代社会がとても怖い。

 この問題は、医療側面だけではなく、社会的な呪縛現象としてとらえたほうがいいと思う。また、改めて考えてみたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

レスラー ターミネーター4

今日の夜は合気道の審査会があり、その打ち上げでかなり飲んでしまった。実は今日の午後は監査もあり、今日一日はまさにテスト日和だ。

このブログには観た映画は必ず書き加えていることもあり、色々忙しかった日々も今日一つの小さいが節目を迎えたので、先週みた映画について話しておくことにしよう。

Thewresler1_04 ひとつは「レスラー」。ミッキーローク主演で、ベネチア金獅子賞もとつたらしい。ミッキーロークと役柄のラムを、人生の辛酸をなめたどん底のヒーローとしてダブラせている評論がかなり多い。

ミッキーの50歳を過ぎた身体が役柄とはいえ、あそこまでビルドアップされているのは、映画の主人公同様にステロイドを使ったのでは?と疑ってしまうくらいに、ホンモノのレスラーの身体だった。

 プロレスの過激シーンや、娘との行き違い、ヌードダンサーとの恋などに彩られたこの映画は、確かに何かズドンときた(酔っているからこんな稚拙な表現なの!?)。でも私は、ハッピーエンドで終わるロッキーシリーズが好き。

 プロレスも大好きだったけど、あまりにも窒息しそうな画面をみていると、天国に行った三沢選手の目指していたプロレスとの乖離を思う。確かにどちらもプロレス。でもこの映画はあまりにも切ない........。

1007094_01  さて、二本目は「ターミネーター4」 マズイ!睡魔が襲ってきた!!  一言で言うと、タミネーター1.2の作品の重厚感を出すのはやはり困難だったなぁということ。映画自体はも飽きることなく面白かったが、1.2で見せたような斬新なハラハラさがないのは仕方のないことか。

 スタートレックといい、ターミネーター4といい、面白いんだけど、あのワクワク感がないのは、私がただ歳を重ねたからだろうか......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

スタートレック

Header 映画・テレビでシリーズ化された「スタートレック」を観る。私はシリーズは殆ど観たことがなかったが、インターネットでの評判が良いので上野で鑑賞する。かなり空いていた。

物語は飽きさせないテンボで展開し、圧倒的なVFXと、前向きポジティブな主人公の世界に惹き込まれた。物語後半でワープとか、時系列を飛び越える展開になってくると、少しややっこしいが、何となくひょっとしたら時間移動も現実的になる時代が未来にあるような気がしてきた。

 スポックも中心的な役だったが、彼の論理的基盤が、途中で崩れ始め、最後の方で、「論理よりも、正しいと思ったことを選びなさい」というメッセージに導かれる。

 この映画の登場人物では、主役たちよりも、英語の発音がタドタドシイ頼りなさそうな17歳のロシア人少年や、フェンシングの得意な東洋人が、結構好きだったなぁ。

 こういう映画は、映画館で観ないとダメ。映画館から出た後、ネオンに照らされる上野の街が空虚に見えてしまった。酒飲んで、カラオケやってという世界と、壮大な宇宙世界とを比較してしまうのは変だと自覚はしているのですが....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »