« 東京国立博物館での花見 | トップページ | A・浜口氏と悟り »

2009年4月13日 (月)

ザ・バンク 堕ちた巨像

49e7d5fe859186489c5ce68472d14848  この映画は重く暗く濃厚なサスペンス映画だ。巨大バンクが利益のために武器輸出に手を出すとしいう設定だが、リアリティがある。考えてみれば、日本では銀行側は清廉潔白で、皆様に愛される銀行を目指しますという幻想を抱かせようとしているが、北朝鮮にお金を送るのは多分銀行が絡んでいるのだろうし、イラク侵攻への経済援助も銀行が中間に存在するのだろう。

映画は銀行が殺し屋を雇って殺人したりと、派手派手しいが、NY・グッゲンハイム美術館での銃撃線は凄い。5年前にNYにいったときに訪れたことがあるが、実際の美術館で銃が乱射されていると錯覚してしまう位、しっかりしたセットでの撮影だ(セットですよね?!)。

 ラストはもうちょっとクライマックスっぽくしてほしかったが、骨太の男の映画でした。これを観て銀行含めた軍産複合体に興味をもった人も多いのでは...

|

« 東京国立博物館での花見 | トップページ | A・浜口氏と悟り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/44653720

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・バンク 堕ちた巨像:

« 東京国立博物館での花見 | トップページ | A・浜口氏と悟り »