« | トップページ | スタートレック »

2009年4月30日 (木)

グラン・トリノ

Rk_ph090427  ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウッド演じる主人公と友情を育む少年タオにふんしたビー・ヴァン、彼の姉役のアニー・ハーなどほとんど無名の役者を起用。アメリカに暮らす少数民族を温かなまなざしで見つめた物語が胸を打つ。[yahoo 紹介文]

 各種映画サイトで大好評のクリント・イーストウッド監督のグラン・トリノを観る。詳細は映画関係サイトにまかせるが、久々にこれが映画だなぁとシミジミと感じる映画だった。元軍人の口うるさい老人と移民家族が交流する中で、ドラマが展開していく。インターネットではほのぼのとした交流が笑わせるとあったが、全体的には通奏低音の如く暗いトーンだったような気がする。

 イーストウッド演じる老人が死に向っていることを意識せざるを得ない展開だったが、果たしてあの最後の死に方で良かったのかは、まだわからない。でも、人のために自分を与えることが人生を豊かにするということを匂わす演出だ。ニクイ。

 何の心配もなく、愉しんで老後を過ごす....それは一見夢のようかもしれないが、それを否定して実生活で人生を突っ走るイーストウッドになぜか惹かれてしまう。 

 それにしても、この映画深いなぁ。アメリカの白人によるアイデンティティーが崩壊し、白人から他民族に移行してきていることを象徴させるのだから。特にラストシーンでは。

 

|

« | トップページ | スタートレック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/44838301

この記事へのトラックバック一覧です: グラン・トリノ:

« | トップページ | スタートレック »