« 貧乏で何か問題でも? 「昭和のエートス」より | トップページ | 一年前に9800円購入自転車が、パンク10回!修理代入れて25000円に! »

2009年2月16日 (月)

分析に一番大切なのは、空と大地をみること「超一流の分析力」

 私は最近、最終的判断を決めるのは分析ではなく、感覚であると実感している。膨大な著作を出している中谷彰宏氏であるが、今回のテーマは当たりだと思う。「分析」というものを頭だけではなく、からだ全体でとらえようとしている解釈には共感する。

「超一流の分析力」 中谷彰宏

bell分析力をつけたい人は、この週末、ぜひ旅行に行ってください。分析に一番大切なのは、空と大地をみることです。成功する投資家は必ず田舎に住んでいます。

bell目に見える問題は、枝葉にすぎない。問題は根っこにある。

bell分析は、理論や理屈ではありません。生の体験をどう感じるかということです。分析の根底には「感じる力」が必要です。たとえばワインの味は知識では分析できません。ワインの勉強だけしていてもだめです。海に行ったり、山に行ったり、本当の野菜の味を知って、初めてワインの味がわかるのです。

bell世の中には、言葉にならない、いろいろな現象が渦巻いています。それをいかに言葉に置きかえるかが、分析力です。

bellあらゆるものを、本を読むように読む。本を読むことはストーリーを追いかけたり、文字を読むことではありません。実は、本に書かれていることを観察・分析して、物語のメッセージを感じ取ることなのです。

bell悪い仮設を立てると、いい結果は出てきません。「あの人は自分のことを嫌っているに違いない。あれもそうだ。これもそうだった」と仮説を立てると、結果、そういう分析にたどりつきます。

bell分析で集めるものは、情報ではなく、知識です。次から次へと「知恵が入ってくる仕組み」をつくりあげるのが、分析です。

|

« 貧乏で何か問題でも? 「昭和のエートス」より | トップページ | 一年前に9800円購入自転車が、パンク10回!修理代入れて25000円に! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/44085699

この記事へのトラックバック一覧です: 分析に一番大切なのは、空と大地をみること「超一流の分析力」:

« 貧乏で何か問題でも? 「昭和のエートス」より | トップページ | 一年前に9800円購入自転車が、パンク10回!修理代入れて25000円に! »