« 読書「非常識経営の夜明け」ほか | トップページ | 読書「人生を楽しむための30法則」小林正観他 »

2009年1月 7日 (水)

読書の効用

 昨年末、とある重要な会議での質疑応答で私は「・・・・については慎重に、かつ大胆に実行してまいります」と応えた途端に会場が湧いたが、波紋を呼んだ。慎重と大胆は相反する語彙で矛盾するのではないかという声もあった。「慎重且つ大胆」は咄嗟に出た言葉であったが、後から調べたら東国原知事なども発言していたので、私の造語ではないようだ。

ここ数日、読書メモを読み返していたら、作品不詳だったが「観察するに細心で、実行するに大胆」という名言があった。ひょっとしてここから波及しているのかもしれない。読書することにより言葉が自分の意識に浸透してきているのだと実感した。ウガッタ見方をすれば人のセリフが自分の言葉のように錯覚しているだけかも知れないが、私たちが「自分の言葉」と思っているものは自分で創り上げたものではなく、他者から直接或いは間接的に投げられた言葉によって成立しているものである。    

自分ひとりでつくった「自分オリジナル」はこの世には存在しない。自分がもし、外国に生まれて育ってきたら現在の自分はない。自分は自分の外の世界からの影響をうけながら自分になってきた。自分が完成するのは「成人になるまでのあ受けたあらゆる刺激からの集大成の結果」でなく、大人になって今も未完成のまま継続されているのである。就職し、結婚し、病気し、出世し、離婚し、老化しと...未完の自分は刻々と変化し続ける。

 学ぶとは、自分が変化することだ。「学び」が単なる知識の吸収だけならば、本など読まずにPCデータを常に持ち歩いた方が効率的だ。未完成な存在であるからこそ、新しい言葉や感動に出会い、自分を磨いていくのが嬉しいのだ。

だから、もっと驚こう、発見しよう、自分の知らない可能性を垣間見よう!!

「中谷彰宏名言集」

・恥ずかしさを消す方法は二つ。全部隠すか、全部出せばいい。周りの人の目はさらけ出しているところではなく、隠しているところに集中する。

・人生はカツどんのようなもの。ちびちび食べていたのでは味がわからない。

・成功するには成功者を演じればいい

・ここ一番で神様のサインを見よう。神様のサインはいつもこうだ「行け!」

・選択肢は二つ。今やるか、一生やらないか

・熱意はスピードでしか表現できない。神様を動かすのはスピードスピードスピード

・あなたは文句を言えない立場の人を決していじめてはいけない

|

« 読書「非常識経営の夜明け」ほか | トップページ | 読書「人生を楽しむための30法則」小林正観他 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/43673115

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の効用:

« 読書「非常識経営の夜明け」ほか | トップページ | 読書「人生を楽しむための30法則」小林正観他 »